トップ > 治療期間短縮法

インプラント治療法

治療期間短縮法

基本的な治療期間

インプラント治療はインプラントを骨の内に埋め込む手術を行ってから数カ月間(2ヶ月〜6ヶ月)の安静期間を必要とする事が特徴です。この期間にインプラントは骨と強固な接合を得る事ができるのです。 一般的にはこの期間は骨の密度とほぼ比例し、下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上の待ち時間を必要とする事が知られています。 従って、インプラントの治療だけの治療時間は待ち時間の前後に治療を行う期間を考えると、約6ヶ月から12ヶ月となります。



抜歯即時埋入インプラント

「抜歯してインプラントを植えるのに、そんなに期間をあけないといけないの?」
「治療期間をもっと短くできないものか」
「出来れば、一回で手術を終えたい」
このような不満や悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今までは、抜歯とインプラントの手術を分けて行うのが通常でした。
なぜかというと、抜歯した後は、歯があった部分に骨がないため、骨が安定して、インプラントができるようになるまで時間がかかるためです。
そのため、安定したインプラント手術を行うためにも、抜歯後は何ヶ月も待たないといけなかったのです。
現在でも、この原則はほとんど変わっていません。

ですが、やはり「抜歯とインプラントを一緒にしたい!」「何度も麻酔をしたくない!」と思っている方は多いと思います。

このような不満や悩みをお持ちの方のご期待に副える方法があります。
それは、「抜歯即時埋入インプラント」です。

「抜歯即時埋入インプラント」は抜歯をした後すぐに、インプラントを埋入する方法です。
この方法を適用すれば、期間をあけずに、抜歯と同日にインプラントの手術を行うことが可能なのです。

抜歯即時埋入インプラントは、やはり治療期間の短縮が一番大きい利点だと思います。
そして、腫れは一般的なインプラントよりも生じにくいと言われています。
その上に審美性にも優れるという素晴らしい方法です。
抜歯によって体が治そうとする力が一番働く時です。
そこに滅菌されたインプラントがあるわけですので、早くインプラント体に骨がまとわりつこうとする力が強いことが想像できます。

では、なぜこのような治療方法が可能になったのでしょう?
それはインプラント体に理由があります。
開発が進み、インプラント体の生着が早く、強固になったからです。
そして、技術の研究も進んだ結果です。

誰でもこの方法が適用されるかというと、残念ながらそうではありません。
抜歯する歯の場所や状態にもよります。
従来どおり、抜歯してから数ヶ月待ったほうが良いケースもあります。
また、骨の状態によってはインプラント以外にも必要な手術がある場合もございます。

当医院では、患者様のご希望に沿えるような治療の内容で進めて参りたいと思っております。
抜歯即時埋入法に興味のある方は遠慮なく主治医にご相談ください。



無料相談フォーム

インプラントに関するご質問全てにお答えするオンライン相談フォームです。
鹿児島中央インプラントセンターの歯科医師が必ず目を通し、1日〜2日間(諸事情により数日かかる場合もございます)で直接あなたにお返事をさしあげます。 こちらにご記入いただくと、初めてのご来院でもすぐ診察に入ることが出来ます。あなたの健康状態や診療希望、お問い合わせなどご自由にお書きの上、送信してください。

ご自身のことだけではなく、お子様、ご両親の歯のことなどのご質問も承っています。

※お預かりした個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーをご確認下さい。
※すべて入力必須項目です。
入力情報に不備がある場合や、ご連絡先(メールアドレス)が間違っていた場合は、
お問い合わせへの返信ができませんのでご注意ください。

お名前 ※ペンネームOK
性別 男性 女性
年齢 〜10代  20代  30代   40代  50代  60代〜
メールアドレス ※携帯アドレス可
お電話番号 ※携帯電話可(例:123-456-7890)
お住まい
ご相談内容