トップ > 予防

インプラント治療法

予防

「インプラントの治療が全部終わった〜♪
口の中も快適になったし、もう歯医者に通わなくていいんだ〜。」
長い期間治療に通っていただいて、ようやく念願のきれいな歯が取り付けられて、安心して、誰もがこのように思うかもしれません。
ですが、このような発想は実は間違いなのです。

インプラント治療は、一区切りした時からがスタートなのです。
どういう事かというと、これからは定期的な健診が始まります。

予防

せっかく時間と費用をかけて、インプラントをされたのですから、できたら一生長持ちできたらいいですよね。
定期健診をすることで、インプラントを半永久的に維持することができます。

インプラントを良い状態で長持ちさせるために普段のお手入れと定期健診が大事になってきます。
定期健診をするかしないかで、インプラントの寿命を大きく左右するのです。
当医院では、インプラントを快適に使っていただくために、定期的な精密検査・レントゲン検査、クリーニング等のアフターフォローをしっかりとさせていただきます。

インプラント治療が終わった後は、まず一週間後にインプラントの状態をチェックします。
その後は基本的に、1〜3カ月後に定期健診に来ていただき、歯のクリーニングを行います。

インプラントは、虫歯にはなりませんが、歯周病は進行します。
歯周病はご自分の歯と同じように、歯ぐきの周りの汚れが原因になります。
インプラントとその周囲を清潔に保つためには、十分な手入れが欠かせません。
まず、日常のお口のお手入れの時に、歯ブラシ以外に歯間ブラシやフロスを用いて、インプラントと歯肉の境目をていねいに磨きましょう。

ブラッシング

どんなに気をつけて磨いていても、人間どなたでも磨き方に癖があって、磨ききれていない場所が必ずあります。

定期健診のクリーニングでは、歯ぐきの状態を検査して、普段清掃できない細かい部分や、インプラント表面に付着した歯石を除去し、 機械を使って歯の表面を磨き、歯磨きでは落とせないバイオフィルムと呼ばれている汚れを落とします。
その後、歯ぐきのマッサージをして、歯ぐきの血行を良くします。
このように、時間をかけて歯全体のクリーニングをします。
時間は約50分です。

クリーニング以外に、かみ合わせの調整、ねじの緩みの確認、インプラントの動揺のチェック、周囲の骨の変化、などを調べます。
特に咬み合せの調整はとても大事なことです。
インプラントは無理な力(歯ぎしりや、くいしばりなどの力)が加わった場合は、回避する能力がないため負担がかかり折れたり、ねじが緩んだりしやすくなります。

これらを防ぎ、歯やインプラントを長持ちさせるためにはかみあわせを正常に保って顎や筋肉にストレスをかけないようにしなければなりません。
歯ぎしりのある方は、就寝時にマウスピースを使っていただくことがあります。
定期検診ではこのような観点から咬み合わせの調整が行われるのです

もちろん定期健診では、インプラントだけでなく、お口全体の状態も見させていただくので、虫歯予防や歯周病の予防ができ、全身の健康へとつながっていくのです。
治療後、どのようなトラブルに陥ったとしても、早めに発見できれば、解決も簡単になります。
不都合を感じてしまう前に、歯科医師のチェックを受けるようにしましょう。



無料相談フォーム

インプラントに関するご質問全てにお答えするオンライン相談フォームです。
鹿児島中央インプラントセンターの歯科医師が必ず目を通し、1日〜2日間(諸事情により数日かかる場合もございます)で直接あなたにお返事をさしあげます。 こちらにご記入いただくと、初めてのご来院でもすぐ診察に入ることが出来ます。あなたの健康状態や診療希望、お問い合わせなどご自由にお書きの上、送信してください。

ご自身のことだけではなく、お子様、ご両親の歯のことなどのご質問も承っています。

※お預かりした個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーをご確認下さい。
※すべて入力必須項目です。
入力情報に不備がある場合や、ご連絡先(メールアドレス)が間違っていた場合は、
お問い合わせへの返信ができませんのでご注意ください。

お名前 ※ペンネームOK
性別 男性 女性
年齢 〜10代  20代  30代   40代  50代  60代〜
メールアドレス ※携帯アドレス可
お電話番号 ※携帯電話可(例:123-456-7890)
お住まい
ご相談内容